Skip to Main Content
 

当社のクライアント


お客様による教育の再創造をサポート。当社は、Blackboardで最先端の技術、サービス、データ機能を提供し、取り組み、コミュニケーション、質の高い学習の向上を促進しています。当社のクライアントと提携し、生涯学習への熱意を刺激することで、学習者が最大の可能性を達成できるようサポートすることを目指しています。


学生中心の大学


今日の学習者の需要に応えるために、フローニンゲン大学が技術強化型の学習をどのように取り入れているか見てみましょう。Blackboard管理ホスティングへの移行という戦略的な判断に従うことで、貴重なリソースが解放されました。加えて、教職員と学生は「24/7」でより安定して利用できるようになり、Blackboard Learnへの理解をいっそう深めることができました。

遠方の学生にも魅力的


ダービー大学では、Virtual Open Daysを活用した完全オンラインの通信教育事業を成長させ、Blackboard Collaborateを体験する機会を学生に提供しています。通信教育は、この大学が質問者を入学へと導く主要な方法になっています。同時に、入学希望者には特定のコースまたは教科について詳細な概要を提供しています。

教員に効果的で役立つサポートを提供


Blackboard Learnを使って学内全体で学習課題の効果的なオンライン提出を実現するという目標を達成するために、大学は教員のデジタルリテラシーのレベルを理解する必要がありました。トレーニングのニーズを総合的に分析した結果、必要な主要技能が何か、また教員の技能格差がどこにあるのかが明らかになりました。

シミュレーションを通して専門的スキルを磨く


西ロンドン大学は、授業を提供しているすべての分野で、専門スキルの開発を取り入れる活動を始めました。初めて手がけたプロジェクトの1つがSIMITA (SIMulations In Transactional Activities) です。Blackboard LearnとBlackboard Collaborateを通じてシームレスな体験を提供しました。

組織的な変化を管理して、ブレンデッド学習を組み込む


"Towards Manchester 2015"という戦略プランの実施に向けて、マンチェスター大学は、バーチャル学習環境のサービスを提供する土台を作る必要がありました。プランを成功させるには、強力なエグゼクティブスポンサーシップだけでなく、外部の専門家や大学全体の専門チームが必要でした。

意欲的な入学目標を達成する


エッジヒル大学は意欲的な入学目標を掲げ、バーチャルな学習環境であるBlackboard Learnへの投資を決めました。IT部門の拡張にともない、同大学はBlackboard管理ホスティングを選択し、内部では真似できないVLEの高い安定性と信頼性を手に入れることができました。

学生のオンライン体験の質を高める


学生と教職員にこれまでよりも優れ、直感的で一貫性のあるオンライン体験を提供するため、サルフォード大学のシニアエグゼクティブスポンサーシップでは、どのようにe-learning、e-submission、e-markingの利用を向上させ、Blackboard Learnの効率性の改善を始めたのでしょうか。

次のステップ