Skip to Main Content
 

アジャイルな教育機関


グローバルな高等教育は絶えず変化し続けています。正しい方向を見極め、そこに向けて柔軟に進んでいく教育機関には、たくさんの機会がありますが、そうではない教育機関には危険が存在します。教育機関のアジリティ (俊敏性) は、急速に変化する環境に適応し、成長していく上で欠かせない能力です。


ブレンデッド学習のクラスで学生をサポートする教師。

教育機関の複雑な問題を解決


高等教育機関には複雑な問題がたくさん存在します。経営幹部は、質を落とさず、世界中の教育機関と競い、より柔軟な教育を提供することで学生の受入れ範囲を拡大しながら、コストの削減に取り組んでいます。

さらにアジャイルになるために、当社のソリューションとサービスについて学びましょう。

アジリティを生み出す要素

アジリティ (俊敏性) は、ソリューションの道のりを示してくれます。アジャイルであるために必要なものは何でしょうか?

  • 最新データの全カテゴリを探索する能力
  • 必要な変更を明確にし、計画するための戦略的プロセスへの信頼
  • サービスの信頼性を維持しつつ、人々にリソースを開放する戦略
  • 変更での柔軟性を追求するためのオプション

教師にサポートを求める学生。

データチャート

現在起こっていることを理解する

戦略上の意思決定を俊敏に行うための基本は、最新のデータから素早く見解を得ることです。

もっと見る
変化を導入するプロセス

教育機関で変化を取り入れる時は、惰性に打ち勝つ必要があります。安定し、テスト済みのプロセスを作り上げることが重要です。

研究課題で協力する4人の学生。

教育機関での懸念事項にはスタッフと教職員のチームが対応。

変化を進める人々を配置する

目標と計画には、実行する人が必要になります。スタッフは高い価値をもたらす変化を追及しつつ、サービスのレベルを保たなくてはなりません。

目標を達成するための幅広いオプション

ロバストな技術が多くの課題を解決します。実績があり、柔軟かつ統合的なオプションから選択することが、成功につながります。

別々のデバイスを操作して協力する2人の学生。

ケーススタディ

意欲的な入学目標を達成する
リソース

意欲的な入学目標を達成する

エッジヒル大学は意欲的な入学目標を掲げ、バーチャルな学習環境であるBlackboard Learnへの投資を決めました。IT部門の拡張にともない、同大学はBlackboard Managed Hostingを選択し、内部では真似できないVLEの高い安定性と信頼性を手に入れることができました。


次のステップ